アイランドシティ花緑のまちづくり

 四季折々の花と緑に彩られるアイランドシティ。心地よい陽射しと花緑のコントラストは訪れる人に安らぎを与えます。そんなアイランドシティをもっと魅力的なまちに。ここでは,アイランドシティを花と緑でいっぱいにする取り組みを紹介します。

 

まちが目指す姿

  アイランドシティには,中央公園やグリーンベルト,外周緑地など花と緑があふれるスポットが随所に点在します。
住宅やオフィスには視線を遮る塀などは無く,生垣などにより緑豊かな景観がつくられています。

住民と企業などが一緒になって作るまち「I and シティ」
  住宅の庭には花緑があふれ,花の彩りに包まれたまちをみんなで目指す。
  その取り組みが「花緑のまちづくり」です。

 

「花緑のまちづくり」って具体的にどんなことをしているの?

メディカルハーブマンが登場!

メディカルハーブマンハーブでできた巨大な人型の畑『メディカルハーブマン』

  平成 24 年にはハーブでできた巨大な人型の畑“メディカルハーブマン”が登場しました。その大きさはなんと 50m!

  ハーブマンは人の体に良い効能があるハーブを,自分の体の部位ごとに植えることで皆に教えてくれます。そのハーブは市内の小学生や地域住民などが協力して持ち寄り,みんなで作りあげました。(※現在は,ハーブマンは設置されておりません。)

コミュニティガーデン

 オーガニック菜園や花壇などがある広場です。何とここ,もともとはマンションの建設予定地!花緑のまちづくりに賛同してくれた企業が期間限定で貸してくれました。

コミュニティガーデンコミュニティガーデン

  初めは真っさらな土地に住民や NPO,企業と行政が一緒になって作りあげ,今では住民たちの手で四季折々の花が植えられています。

  シンボルとなるテラコッタドール(鉢でできた巨大な人形)にはみんなで花緑が植えられ,頭から噴き出るシャワーは子供たちに大人気。

  登下校する子供たちを笑顔で見守ります。

  これらの取り組みはいつも地域住民と一緒にあります。みんなが花緑を楽しみ,花緑を楽しむ人の輪が広がることを目的としているからです。

アイランドシティ花緑アドバイザー

庭園デザイナー石原和幸って?

アイランドシティ花緑アドバイザー石原和幸アイランドシティ花緑アドバイザー 石原和幸

  世界で最も権威があるといわれる国際ガーデニングコンテスト『英国チェルシーフラワーショー』をご存じですか?
  何とこのコンテストで過去 5 度に渡って金メダルを受賞した日本人が居るんです。その名は庭園デザイナー「石原和幸」。
  英国エリザベス女王が「あなたは緑の魔術師ね」と称えるほどの実力者。
  実はこの方,アイランドシティ花緑アドバイザーなのです。

花緑アドバイザーは何をするの?

  アイランドシティに整備される緑地の設計アドバイスなど,花緑のまちづくりの手助けをします。

  地域住民で結成された花団体とも交流があり,地域と一緒になって花緑を楽しむイベントを開催しています。
  花緑と人とを繋ぐ花緑の伝道師として地域と一緒に花緑のまちづくりに取り組んでいます。
 

花緑を身近に楽しむイベントを開催

  石原和幸氏による講演会や寄せ植え教室,花緑コンテストなどを開催してきました。

  世界一の庭園デザイナーが語る花緑の楽しみ方や一流の寄せ植えパフォーマンスなどを間近に見聞きできるため,いつも多くの人で賑わいます。
 

まちの花緑コンテスト(2013年)まちの花緑コンテスト(2013年)

 

これからの取り組み

  アイランドシティの花緑のまちづくりは,今後も地域住民やアイランドシティ花緑アドバイザーと一緒に取り組んでいきます。

  平成26年 6月には「石原和幸の花緑アカデミー」を開催する予定で,現在,花緑コンテストでは作品を募集しています。
  みなさんも一緒に花緑を楽しみませんか?

PR

ページ上部へ戻る