ニュース

住みたい・行きたい
2017.08.09

☆IC魅力発信☆子ども防災キャンプ~学校に泊まろう!~②

みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

前回に続き,『子ども防災キャンプ~学校に泊まろう!~』の様子をご紹介したいと思います。今回は,「ツナ缶ランタン」づくりです。ツナ缶ランタンは,ツナ缶の油分を利用したオイルランプです。ツナ缶に小さな穴を開け,ティッシュペーパーのこよりを差し込み,火を灯します。

↑小さな穴にこよりを差し込むところがなかなか難しいようでした。

↑出来上がりました!うまく灯ると良いですね。

うまくいくと,約1時間は火が灯るランタンになるそうです。ランタンとして使った後は,もちろん中身を食べることができます(この防災キャンプでは翌日の朝食材料にされたそうです)。災害時の停電対策と非常食の備蓄を兼ねた一石二鳥のノウハウですね。子どもたちのツナ缶に対する認識も,ただ食べ物というだけでなく,災害時に役立つものに変わったはずです。

(※使用の際には火傷や火災に十分に気を付けてください。特に,地震直後などは周囲に木くずや粉塵、がれきの飛散やガス漏れなどにより,大変火災が起きやすい状態になっています。ツナ缶ランタンはもちろんロウソクなど、裸火をつけると大きな火災の原因になりかねませんので、周囲の安全が確認できるまでは火気厳禁です。)

次回は,夕食づくりの様子をお伝えします。お米を炊く方法などに災害時に役立つノウハウがありましたよ!お楽しみに~♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

ページ上部へ戻る