ニュース

住みたい・行きたい
2017.08.10

☆IC魅力発信☆子ども防災キャンプ~学校に泊まろう!~③

みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

前回に続き,『子ども防災キャンプ~学校に泊まろう!~』をご紹介します。夕食づくりを通して,被災時のノウハウを学びました!

被災時には,飲食に適したキレイな水の量が限られることもあります。そんな時に役立つのが炊飯袋です。お米と一緒に袋に入れるキレイな水はお米とほぼ同量あればよく、煮沸用に鍋で沸かす水は飲用に適さない水でもOK!貴重な水を無駄なく使え,さらには個別包装されているので,配りやすく,食器を使わずにすみます。この炊飯袋を使って,お米を炊く体験をしました。

↑これが炊飯袋です。お米と水の分量の目盛も付いていて,わかりやすいですね。直接手に触れないので,衛生的にも良いですね。

↑約20分間煮沸してできあがり!火傷や袋を破らないように気を付けながらお湯から取り出します。

食器にラップを巻いて(食器洗いの水を使わないための工夫),炊けたごはんと温めておいたレトルトカレーを合わせて,「いただきま~す」!

↑「おいしい!」 みんなでがんばって作った夕食の味は格別のようですね(^^)

この後,夜は自作の段ボールベッドを用意した体育館で寝泊りし,翌朝は朝食の配給体験を行いました。子どもたちは,避難生活の大変さを身をもって知ることができたようです。アイランドシティの住民の皆さんの高い防災意識や,地域の課題に対してみんなで関わるまちづくりの様子がうかがえる取り組みでした。

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

 

ページ上部へ戻る