ニュース

住みたい・行きたい
2017.06.30

☆IC魅力発信☆アイランドシティのビフォーアフター(航空写真)

こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

今回は,アイランドシティの整備が始まった頃から現在までの移り変わりを航空写真を通してご紹介したいと思います。

アイランドシティは平成6年度に着工し,「先進的モデル都市」をめざして,現在も引き続き整備を進めています!

↑着工後間もない平成7年度時点の航空写真です。まだ枠があるだけの状態ですね。

着工後の約11年後となる平成17年度から,アイランドシティの「照葉のまち」がまちびらきとなり,住民のみなさんがお住まいになり始めました。

↑まちびらきとなった平成17年度時点の様子です。現在の状態に近づいてきましたが,まだ水が残っているところがありますね。アイランドシティの右下のところが「照葉のまち」です。

平成29年5月末時点で,アイランドシティには既に約8,500人(約2,800世帯)の住民のみなさんが生活されています。住宅地だけでなく,「まちづくりエリア」では健康・医療・福祉関連施設や商業施設など,「みなとづくりエリア」ではコンテナターミナルや物流関連施設などの整備が進んでいます。

↑平成28年9月時点の様子です。「まち」や「みなと」の整備が着々と進んできていますね。

アイランドシティに建物がすべてできあがるのはいつ頃かというと,平成40年代の見込みです。これからも福岡市の将来をリードするような都市づくりを進めていきます!

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

ページ上部へ戻る