ニュース

事業したい
2005.03.01

アイランドシティでロボットの実証実験が行われます

 昨年7月,特定実験局制度が創設され,ロボットの遠隔操作等に必要な電波に関する特定実験局を開設することが可能となりました。
 このたび,福岡市においてこの制度を活用した特定実験局を開設し,ロボット専用電波による第1回目の実証実験を下記の通りアイランドシティにて実施いたします。
 

                                 記

【日   時】  2005年3月19日(土) 公開実験10:00~10:30
【場   所】  アイランドシティ「菜の花祭り」駐車場横広場
【実験内容】  特定実験局開設による,専用電波(5015MHz)を使用したロボット遠隔操作,画像伝送実験。
【無線装置】  ルート株式会社製
【ロ ボ ッ ト】  株式会社テムザック製 大型レスキューロボットT-52型『援竜』

 ☆今回実験においては,菜種油を精製したBDF(バイオディーゼル燃料)を使用。 
 

★『特定実験局制度』とは★

 電波実験局の迅速な免許処理により,電波の有効利用技術や電波システムの早期開発を促し,産業の活性化に貢献することを目的に総務省により制度化されました。(2004年7月1日から運用開始)

【具体的には】
 実験局に係る免許手続きは,通常,免許申請→審査→予備免許→落成検査→免許のプロセスを経ますが,特定実験局では,一定の条件の下,これらの手続きを簡略化し(予備免許手続き,落成検査の省略),申請から免許までの期間が1~2週間と大幅に短縮されています。

【福岡市が取得した免許内容】
 1.免許人名     福岡市(市長:山崎 広太郎)
 2.無線局の目的  通信実験用
 3.電波の型式    18M0X7W 5015MHz
  周波数及び     0.031W(等価等方輻射電力 0.16W)
  空中線電力 
 4.免許の年月日   2005年1月21日
 5.免許の有効期限 2006年3月31日
 6.移動範囲     九州総合通信局管内

◆実験事務局(お問い合わせ先)◆
 福岡市経済振興局産業政策部新産業振興室
  TEL092-711-4333  FAX092-711-4341 

ページ上部へ戻る